9月ペンタ会・勉強会開催中止のお知らせ(2021)

爽秋の候、皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

さて、当月9月の定例会につきましては、「緊急事態宣言」の解除から、県・仙台市「独自の緊急事態宣言」及び「まん延防止等重点措置」への移行となり、引き続き感染予防の強化期間に変わりがないことから、残念ながら開催を中止し、次月以降に延期させていただくことをお知らせいたします。

何卒ご理解をいただきますとともに、今後とも当協会についてのご協力とお力添えを賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

一日も早い新型コロナ感染症の終息を願うとともに皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

担当:事務局 高橋、水井、伊藤(早) (お問合せはこちら)

8月ペンタ会・勉強会開催中止のお知らせ(2021)

残暑の候、皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

さて、一旦は開催を再開いたしました当協会定例会ですが、当月8月につきましては、県・仙台市「独自の緊急事態宣言」及び県全域を対象とした「まん延防止等重点措置」の適用に伴い残念ながら再び開催を中止し、次月以降に延期させていただくことをお知らせいたします。

感染者の急増に伴う対応の措置を受け中止の運びとなりました。

何卒ご理解をいただき、今後とも当協会についてのご協力とお力添えを賜りますよう、お願い申し上げます。

一日も早い新型コロナ感染症の終息を願うとともに皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

担当:事務局 高橋、水井、伊藤(早) (お問合せはこちら)               

7月次定例会を開催いたしました(2021)

去る7月28日(水)、防衛省 自衛隊宮城地方協力本部長 諏訪 国重 様を講師に迎え、定例会を開催いたしました。

「自衛隊の災害派遣活動」と題しまして、東日本大震災の発災から丁度10年が経過する現在において、当時を今一度思い起こし、我が身への戒めと皆様への注意喚起になればという着眼のもとご講演いただきました。

災害派遣の枠組みというお話の中では、平成7年1月の阪神淡路大震災をきっかけに法律等の整理見直しがされ、特に、自衛隊の自主派遣が可能となったことが大きいという。
また、近年の災害派遣の件数としては、年間200回~300回の要請を受けており、ほぼ1日1回どこかで活動が行われている状態となっている。

東日本大震災は、マグニチュード9.0、地震、津波及び原子力の災害で、約2万人を救助、約1万人のご遺体を収容、自衛隊の派遣態勢は陸海空の統合任務部隊を編制し10万人規模の活動でした。

発災当時講師は、陸上自衛隊大和駐屯地において駐屯地司令としてご勤務され、当初被害状況が紛糾するなか、登米市、太白区、泉区、女川町、石巻市に順次展開し、最終的には東松島市周辺で捜索任務にあたる等、約100日の災害派遣活動について状況を振り返りながらお話しされるとともに、被害直後と現在の様子を写真で見比べ解説する等、よりわかりやすい内容でした。

更に、心の負担の軽減のため「解除ミーティング」というものを行なっていたことをお話しいただき、同じ年齢や階級で集まったグループ内で、今日あったことや見たことを夜になって語り合い、感情が押えられない者はその場で泣く等、感情の共有によってストレスを発散していたと伺いました。
講師自身も10円玉大の円形脱毛を発症していたそうで、知らず知らずのうちにストレスが溜まっていたと仰ってました。

これまでも震災に関するお話で講演をいただいておりましたが、特に今回は、実際に現場での活動状況を再現したように生々しいお言葉で語られ、また自衛官として使命及び責任感溢れるエピソードは大変興味深いものでした。

国重様、ご多用中のところ貴重な講演を賜り、誠にありがとうございました。

講師:諏訪 国重 様
演題「自衛隊の災害派遣活動」
励ましの言葉が災害派遣の活動エネルギーとなります!
支部長の油川からも「胸に響く内容」と所見
ご出席の方々⇦いつもご参加頂きありがとうございます。

7月ペンタ会・勉強会開催のお知らせ(2021)

盛夏の候、皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

さて、当協会定例会第2回目となります当月7月の開催について下記のとおりお知らせいたします。

つきましては、新型コロナ対策を施しながら多く関係者の皆様にこれまでどおりにご参加を賜りたく、ご案内申し上げます。

ペンタ会、および宮城県支部勉強会7月次勉強会のご案内

日時 令和3年7月28日(水) 18時00分~

場所 ミア・アンジェラ一番町(仙台市青葉区一番町3-8-23)【電力ビル裏手】

※これまでと会場が異なりますので、お間違えなきようご注意をお願いいたします。また、スマイルホテル『シェルブール』にはお問い合わせにならないようお願い申し上げます。⇨ 新型コロナウイルス感染症拡大防止対策準拠(マスクの着用をお願いします。)

宮城県支部勉強会・ペンタ会

18:00 宮城県支部勉強会

[講 師]  防衛省 自衛隊宮城地方協力本部長 諏訪 国重 様

[テーマ] 自衛隊の災害派遣活動

19:00 懇親会【ペンタ会】

※前半、当支部本会メンバーの参加する勉強会(ペンタ会)を挟み、その後、懇親の席となります。【会費:3,500円】

対象者:情報業界、金融機関、外交関係機関ならびに官公庁・自治体のご担当者様や学生の皆様をはじめとして、どなたでもご参加頂けます。

担当:事務局 高橋、水井、伊藤(早) (お問合せはこちら)

タピオ館立オープン大学で犯罪学・防犯学研究部会長の浅野 智昭が講話をさせていただきました。(2021)

7月15日(木)、泉パークタウン・タピオ南館1階パークタウンスタイル内において、『なぜアメリカは銃社会なのか?』と題し、犯罪学・防犯学研究部会長の浅野智明が実際にアメリカで生活をし、ミズーリ州の大学で犯罪学を専攻した経験を基に講話をさせていただきました。

講話の検証項目として『なぜアメリカには銃が氾濫しているのか?』『アメリカの銃は無くすことができるのか?』この2点に着目し取り上げました。

アメリカでは武器の所有・携帯が権利として認められています。1791年合衆国憲法修正第二条で採択され、その権利が保障されているのです。圧制に直面した際に備え、自衛する必要があるためです。

では、なぜ銃所有の権利があるのか。

アメリカは独立戦争で”自由は勝ち取るもの”と学び、圧制に戦えることが自由を勝ち取る手段として銃を持っています。銃の所持は、アメリカ人にとってアイデンティティーの拠り所となっているのです。

近年では拳銃携帯も認められており、2018年時点で12の州で当局の許可が無くても拳銃の携帯を認める法案が成立しています。ただし、人前にさらさないことが前提です。

銃を所持するとは、圧制からの自由の獲得のためであり自己防衛のためでもあります。

政府の言いなりにならず、民衆が政府を正すことができないという事態にならないため、そして犯罪から自分の身を守るためなのです。

アメリカは都会より田舎の方が自主防衛が必要です。土地が広大で、隣家までの距離が数km以上あるということも珍しくありません。もしも事件などが起こった場合、通報してから警察が到着するまでの時間が長かったり、近所に助けを求めづらいといったことが挙げられます。

アメリカでは銃の氾濫ではなく、憲法で認められた権利として銃を所持しており、銃を無くすことはできるのかという点ではアメリカが自由民主主義ではなく、社会民主主義や共産民主主義になる時に無くなるかもしれないということを参加者の方々に講話させていただきました。

講話『なぜアメリカは銃社会なのか』
本日でタピ大での講話は4度目となりました。
ご清聴ありがとうございました。

6月次定例会を開催いたしました(2021)

去る6月23日(水)、航空自衛隊松島基地 第四航空団司令兼松島基地司令 津田 昌隆 様を講師に迎え、「日本外交協会」第1回目記念講演定例会を開催いたしました。

「我が国の空における現状」と題しまして、最近の我が国の安全保障環境、航空自衛隊の活動状況、及び今後の航空自衛隊の防衛力の整備の方向性等、細かく3つの内容に分けてご講演いただきました。

1つ目の内容、周辺諸国の活動では、昨年度のスクランブル(緊急発進)は、700強の回数であり、そのうち約6割が中国機、約4割がロシア機であることや、また、日本海から西太平洋にかけて中国機とロシア機が共同で飛行した事実についてお話しいただくとともに、中国、北朝鮮及びロシアの動向についても説明をいただきました。

続いて2つ目の内容、航空自衛隊の任務活動状況では、警戒監視、対領空侵犯措置、弾道ミサイル等に対する破壊措置、在外邦人等の輸送、及び防衛協力・交流について説明していただき、日頃国民の私達が、知っているようで、あまり知られていない活動の細部を教示していただきました。

最後3つ目の内容、航空防衛力の課題と対応では、宇宙・サイバー・電磁波の領域における脅威、同時複合的な弾道・巡航ミサイルの脅威、及び静かな有事(人口減少に伴う隊員募集減少予測対応)について、現在の戦闘様相の変化に対する今後の防衛力の課題と様々な取り組みについて説明をいただきました。

司令から終わりに、「航空自衛隊は空の守護神として我が国の空を断固守り抜く」という心強いお言葉を頂戴し、約1時間の熱意溢れる中身の濃い講演をしていただきました。

津田様、ご多用中のところ貴重な講演を賜り、誠にありがとうございました。

なお、今回、国土交通大臣政務官兼内閣府大臣政務官 参議院議員 和田 政宗 先生のご出席を賜り、会の冒頭におきまして外交関連のお話を頂戴いたしました。

和田先生、多事多端のお忙しい中、誠にありがとうございました。

航空自衛隊松島基地 第四航空団司令兼松島基地司令 津田昌隆様
講師:津田昌隆様
講題「我が国の空における現状」
演題「我が国の空における現状」
参加者の方々
ご参加の方々
支部長油川も質問させていただきました。
支部長油川も質問させていただきました。
国土交通大臣政務官兼内閣府大臣政務官 参議院議員 和田政宗先生
国土交通大臣政務官兼内閣府大臣政務官 参議院議員 和田政宗先生
外交関連のお話を頂戴いたしました。
外交関連のお話を頂戴いたしました。

6月ペンタ会・勉強会開催のお知らせ(2021)

初夏の候、皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

さて、日本安全保障・危機管理学会宮城県支部(以下、「旧学会」という。)は、2017年1月31の発会式以来、皆様とともに活動を開始してまいりましたが、この度、更に活動の幅を広げるため、標記のとおり会名を変更し、もとより支部活動しておりました本協会に身を寄せる運びとなりましたことをご報告申し上げます。

誠に、急かつ勝手な改会の案内となりましたことを、謹んでお詫びを申し上げますとともに何とぞ旧学会皆様のご理解を賜りますようお願い申し上げます。

旧学会から改会し、当協会定例会第1回目となります当月6月の開催について下記のとおりお知らせいたします。

つきましては、新型コロナ対策を施しながら多く関係者の皆様にこれまでどおりにご参加を賜りたく、ご案内申し上げます。                                                      


ペンタ会、および宮城県支部勉強会6月次勉強会のご案内

日時 令和3年6月23日(水) 18時00分~

場所 スマイルホテル仙台国分町3F会議室(仙台市青葉区一番町4-3-22)

新型コロナウイルス感染症拡大防止対応場所(マスクの着用をお願いします。)

宮城県支部勉強会・ペンタ会

18:00 宮城県支部勉強会

[講 師]  航空自衛隊 第4航空団司令兼松島基地司令 津田 昌隆 様

[テーマ] 「我が国の空における現状」

19:00 懇親会【ペンタ会】

※前半、当支部本会メンバーの参加する勉強会(ペンタ会)を挟み、その後、懇親(個別のお弁当)の席となります。【会費:3,500円】

対象者:情報業界、金融機関、外交関係機関ならびに官公庁・自治体のご担当者様や学生の皆様をはじめとして、どなたでもご参加頂けます。

担当:事務局 高橋、水井、伊藤(早) (お問合せはこちら)

学会名称の変更についてお知らせ

拝啓 初夏の候、皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

さて、日本安全保障・危機管理学会宮城県支部(以下、「旧学会」という。)は、2017年1月31の発会式以来、皆様とともに活動を開始してまいりましたが、この度、更に活動の幅を広げるため、標記のとおり会名を変更し、もとより支部活動しておりました本協会に身を寄せる運びとなりましたことをご報告申し上げます。

誠に、急かつ勝手な改会の案内となりましたことを、謹んでお詫びを申し上げますとともに何とぞ旧学会皆様のご理解を賜りますようお願い申し上げます。

敬具

日本外交協会・宮城県支部

支部長  油川    洋

  事務局長 高橋 洋人

5月ペンタ会・勉強会開催中止のお知らせ(2021)

ペンタ会、および宮城県支部勉強会5月次勉強会中止のご案内

新緑の候、皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

さて、当月5月の定例会につきましては、県に対する「まん延防止等重点措置」の解除に伴い一旦は5月下旬頃の開催を予定いたしましたが、県・仙台市「独自の緊急事態宣言」の継続と、5月31日までを「リバウンド防止徹底期間」に設定されましたことを受け、やむなく不開催の判断へと転換し、残念ながら当月も開催を中止、次月以降に再延期させていただくことをお知らせいたします。

5ヶ月続いての中止となりましたが、ご理解の上、今後とも当会についてのご協力とお力添えを賜りますよう、お願い申し上げます。

何かと不便の多い最近ですが、一日も早い終息を願うとともに皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

担当:事務局 高橋、水井、伊藤(早) (お問合せはこちら)

4月ペンタ会・勉強会開催中止のお知らせ(2021)

ペンタ会、および宮城県支部勉強会4月次勉強会中止のご案内

陽春の候、皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

さて、当月月の定例会につきましては、昨月に引き続いて新型コロナウィルスの感染再拡大の煽りを受けやむなく不開催の判断をいたし、残念ながら当月も開催を中止し、次月以降に延期させていただくことをお知らせいたします。

4ヶ月続いての中止となりましたが、ご理解の上、今後とも当会についてのご協力とお力添えを賜りますよう、お願い申し上げます。

何かと不便の多い最近ですが、一日も早い終息を願うとともに皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

担当:事務局 高橋、水井、伊藤(早) (お問合せはこちら)